スクールダイアリー

スクールダイアリー

10月20日(火)藤星高校2期生の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋も深まりを見せてきました。火曜日の午後は、総合学習やロングホームルームが入っていますが、一年生はレクリエーションを行っていました。例年と違う中で、半年が過ぎてきましたが、皆それなりに藤星生活になじんでいるようです。お互いに仲間を想い、磨き合って自己を高めていってほしいと思います。和気あいあいとした空気が漂っていました。

 

10月17日(土)授業体験会

 

 

 

 

 

今までの説明会やオープンスクールと違い、この日は実際に授業を体験する体験会でした。藤星生徒がアドバイザーになって一緒に学習する場となりました。藤星生と中学生の参加者が学習を通して意気投合しているような姿も見られました。高校に入ると学習内容は、ずっと難しくなりますが、その課題を一人で悩まずに、皆で解決していこうとする姿勢が藤星高校にはあります!体験して、ハッと気づいた人はぜひ、本校の扉をたたいてみてください!!

 

 

10月4日(土)ULオープンスクール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ULコースの紹介は、保護者説明会やオープンスクールなどでもたくさん伝えてきましたが、ULコースのみのオープンスクールも当初から別に行っています。全体オープンスクールと、ULコースオープンスクールの違いは、「ULを知るオープンスクール」と「ULについて深めるオープンスクール」だと思います。ULコースに関心がある人たちは、大抵英語をマスターして、自分の可能性を広げたいという目的意識が高いです。だから同じ意識を持った先輩たちと意気投合できる場になっています。そのような意味で、「ULについて深めるオープンスクール」といえます。また、コース生徒全員が在学中に留学します。そのため、健康や費用などの面でも、保護者の理解が得られることが望ましいので、ULコース保護者の協力も得て、何でも聞ける場も設けています。参加者の皆さん深まりましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月29日(火)学校祭代替行事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナによる休校により、授業数確保のため中止となった学校祭の代替行事を、前期最終日の午後に実施しました。三つの密を避けながら、どうすれば皆で楽しめるか、生徒会は知恵を絞って色々と考えてくれました。ちょっと早めのハロウィンという事で、クラス仮装行列ではじまりました。体育館と教室をつないだオンラインでのコンテストや肝試しなど、オンラインならではの各企画も楽しめていたようです。最後は隣の石狩川堤防の広場で花火を打ち上げました。生徒会の皆さんありがとうございました!

 

 

 

 

9月26日(土)2回のオープンスクールを終えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月30日(日)の第1回目に続き、2回目のオープンスクールが無事終了しました。この後も募集イベントは続きます。今年は新型コロナウィルス感染の危険性から、オープンスクールの実施をかなり検討しました。結果として、感染防止対策を充分に取ることで実施することにしました。受験生に充分な高校選びが出来る材料を提供することが大きな理由です。

本校のオープンスクールは、「関り重視」です。各種体験はもちろん、参加する中学生のテーブルに学校紹介や体験のアドバイスをするプランナーと呼ばれる藤星生徒がつきます。パンフやネットではつかめないことが、プランナーによってつかむことができます。4年ほど前からこの形を継続してきました。実は、プランナーも元は、ほとんどが中学生の時に本校のプランナーと関わって入学しています。

このようなオープンスクールでの中学生と藤星生徒との関わりは、参加する中学生が色々な情報を得るメリットになります。一方で、藤星生徒たちにも自らの高校生活をまとめ伝えるメリットになっているのです。本校のオープンスクールでは、インプットする側、アウトプットする側の双方に充実した顔がみられます。本校の魅力の一つは、このような生徒一人ひとりの語りにあると自負します。

 

 

 

 

 

7月31日 ~ 8月6日 コースの学習活動

 

 

 

 

 

 

夏休みの宿題の日記をまとめて書いている気分ですが、おゆるしください!!

新型コロナウィルスによる休校によって、授業時間確保として夏休み期間も授業日を設けることとなりました。8月1日から17日までの短い夏休みを迎えましたが、夏休みと言いつつも、課外学習をコースの企画で行いました。

ULコースのULキャンプ(8月4~6日)、特別進学コースのスタディキャンプ(8月1・3・4日)は、学校や近隣施設を借りて、通いで実施しました。進学コースは、コースプログラムSEA(Step・Event・Action)による「進学コースたのSea会夏の陣」と題する数時間の企画を実践してもらいました。

新型コロナウィルス感染防止を心掛けつつ、充実した学習活動となるように、係生徒は工夫しながら行っていました。ご苦労様です!制限がある中で何が可能で、何が不可能なのか、お互いで考え、議論しながら、作り上げ、実践することで、失敗もたくさん経験したと思いますが、成し遂げたのではないでしょうか。一つひとつが自らの力となって蓄積していけばと願っています。

私は事故もなく無事に終了したことで安堵感をおぼえました。

7月 某日(全3回)ボーイズ・フェスティバルの実施

放課後の時間を使い、本校男子総勢40名が集い、「ボーイズ・フェスティバル」という名の男子結束の会が実施されました。共学となり2年目、まだまだ少ない男子生徒の数ですが、少なくても男子です。2年生22名、1年生18名の計40名と、一教室に収まりました。男子クラスは大いに盛り上がっていたようです。とにかく集い、親睦を図る活動をしたところです。楽しかった様子が顔に出ていました。いい雰囲気でした。清掃活動やレクリエーションなどを通して結束を深め、新たな伝統をつくり始めていくものと期待しています。私は私立の男子高出身ですが、何か懐かしいにおいを感じました。藤星一期、二期と、彼らに続く三期生の姿をイメージしています!!

 

 

 

 

 

 

7月18・21日 中学生保護者説明会の実施

今年から始めた説明会でしたが、延べ200名近くの保護者の参加がありました。当日は新型コロナウィルス感防止のため、マスク着用、アルコール消毒の徹底、対面席のアクリル板やビニールシートの設置、座席の間隔をとる、喚起の徹底など感染防止策をとって、万全の対策をとって説明会を行いました。各コースの会場も設けました。全体会が終了後、希望するコースの説明会場に向かう方々や相談ブースに向かう方などさまざまでした。

 

 

 

6月27日(土)第1回個別授業見学会

参加人数を6組に限定した個別の学校見学会です。参加希望者はホームページの参加フォームで申し込むもので、今回はすぐに参加枠が埋まってしまいました。当日は女子6名とそれぞれの保護者の参加でした。

参加者は各テーブルに分かれ、テーブル毎にプランナーという藤星生が案内役を行いました。校内の見学も入れて約2時間ほどの見学会となりました。

 

 

6月27日(土)UL帰国報告会

ユニバーサルラーニングコース(以下ULコース)の2年生による帰国報告会が約一時間行われました。4月18日~5月31日まで新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて臨時休業となったため、例年より1カ月遅れの報告会となりました。生徒たちは1年次の1月23日にニュージーランドに出発しました。4月23日に帰国する予定でしたが、新型コロナウィルスの世界的な流行により、3月26日に急きょ帰国となってしまいました。

 ULコース実行委員の生徒は、途中で帰国することになりとてもショックだったけど、これから先を前向きに考え、報告会を盛り上げようと挨拶していました。留学の経験も中身の濃い勉強をしたと思いますが、今回の帰国という経験でも多くのものを学んだのだと思いました。新型コロナウィルス感染防止を心得て、例年よりもかなり広い会場での報告会となり、報告の仕方もそれなりに工夫されていました。