お知らせ

RSS2.0
 9月16日(土)に行われた藤星マナベルも、無事終了いたしました。中学生や保護者、藤星生たちを含め約270名の方々が参加した行事となりました。     『藤星の学び』をより深く体感できる企画として、オープンスクールとは異なった授業や講座を展開しました。特に、『生徒が先生』企画では、各コースの生徒が中心となって、国語・数学・英語の授業を展開しました。これは、スタディーキャンプやULキャンプ、受験部など各コースプログラムで培った企画力や運営力で、中学生向けの授業を行う企画です。中学生や藤星生たちも、イキイキとした姿で授業に取り組んでいました。また、「先生が先生」企画でも、真剣に授業に取り組む中学生の皆さんの姿が印象的でした。    その他の企画では、合格体験記では各コースの卒業生が、藤星生だったころの生活と今の学生生活のプレゼンテーションを行いました。さらに、あれこれ講座では先生方や藤星生たちが中学生の疑問に対して疑問に答えるなど、企画が盛り沢山の内容でした。    今後の募集行事では、10月と11月に個別授業見学会、12月16日(土)に藤星突破講座を予定しております。     進学コース「生徒が先生(受験部)」 ...
8月1日(火)~3日(木)にかけて、鹿児島県鹿児島市で「2023かごしま総文祭 弁論部門」が開催されました。 全国から75名の弁士たちが集う中、本校から3年生の室田真夢君が出場し、優秀賞(第3位)を受賞しました。   弁論部顧問の目加田飛鳥先生は、今回の大会を振り返り「全国大会出場の機会をいただけただけでも幸いでしたが、これまで生徒が積み上げた取材と活動、練習の成果をいかんなく発揮し、結果を残すことができました。生徒の達成感、喜びもひとしおです。後輩たちも先輩の姿に続けるよう、弁論部一丸となり、思いを届けていきます」と語ってくれました。   大会名 :第47回全国高等学校総合文化祭(2023かごしま総文祭)弁論部門 兼      第69回文部科学大臣旗全国高等学校弁論大会 演  題:「四〇分の一のマリス(よんじゅうぶんのいちのまりす)」室田真夢(3年生) 結  果:優秀賞(第3位)  
 7月22日(土)に第1回オープンスクールが、開催されました。参加人数は、中学生や保護者を含め約400名近くの方が参加してくださいました。お忙しい中、ありがとうございます。  オープンスクールでは、授業体験や藤星体験、部活動体験など様々な体験がありました。 この体験に参加する中学生の皆さんは、朝のプランナー生徒による藤星プレゼンを元に、藤星生と一緒に一日の計画(Plan)を考え、実行(Do)し、最後に振り返り(See)をしました。藤星が大切にしているPDSを擬似体験するなど、藤星生と中学生との交流が行われました。  なかでも、本校の生徒による工夫を凝らしたコースプレゼンは、各コースの特色をより理解していただけたものと思います。  また、オープンスクール後に本校の女子バスケットボール部の体験会も行われました。本校生徒と中学生とが、練習を一緒に行い、実際に雰囲気を感じとってもらえる良い機会となりました。  8月27日(日)にも、再度同じ内容で第2回オープンスクールと女子バスケットボール部体験会も行います。ぜひ、ご参加お待ちしております!!!    
                                                                                                                                                                                                                            
本校が昨年度、特別に作成した『男子パンフ』がSCC最高賞をインプロバイドの池端宏介さんが受賞されました。このパンフは、男子一期生が残してくれた道筋と、それを受け取った男子二期生、三期生とのコラボで形となったものです。 池端さんは、本校が藤女子高校であったときから、学校パンフレットやポスターなどのデザインをしていただいている方で、藤女子から藤星への過渡期を汲んだ上で、藤星男子の魅力を形にしてくれました。 https://www.advertimes.com/20230609/article422606/   ※ SCC最高賞:札幌コピーライターズクラブが主催する道内の広告作成者や道内で展開する広告を称える「SCC賞」の最高賞のこと。  
5月2日(火)は、午前中に身体測定と生徒総会が行われ、午後に新入生歓迎会が行われました。    今回の新入生歓迎会のコンセプトは、『はじめてのおつかい』。新入生がおつかい(数々のミッション)をこなし、藤星のことを知ってもらう仕掛けが組み込まれていました。中でも、新入生と在校生が班となり、オンライン機材を駆使しながら、お題の先輩を探しにいく企画では、班員たちが協力し、様々な先輩方に話しかけ、お題をクリアーしていきました。その企画によって、『縦と横の繋がり』が出来、新入生たちや在校生たちも、仲を深めていきました。    その他の企画では、在校生による行事紹介や先生紹介、最後には、サプライズで1年生に向けて花の贈呈が行われました。この花には、在校生からのメッセージカードが付いています。    新入生歓迎会は、心温まる会で終わりました。生徒会の皆さん、本当に連日の準備や当日の運営お疲れ様でした!
2023年4月22日(土)14時〜旭川藤星高等学校創立70周年記念式典に列席させていただきました。                                                                                                                                                                                                         ↓ 2023年(令和5年)4月25日(火曜日)の道新朝刊に掲載されました。                              
【同窓会】
今年は雪溶けが早く進みましたが、風は冷たくまだ肌寒い4月2023年度 旭川藤星高等学校の入学式が4月11日(火)に行われました。 今年度は153名の新入生が晴れて本校の一員となりました。どうぞ3年間楽しく充実した高校生活を過ごしていただきたいと思います。ご入学おめでとうございます。                                                                                                                                                                            
4月22日(土)は、本校の創立70周年記念式典を執り行いました。本校生徒や教職員を始め、旭川市長の今津寛介様、藤学園理事長永田淑子様、同窓会会長垂水登紀子様など多くの来賓の方々が参列してくださいました。    式典は、第1部はミサ形式の『みことばの祭儀』を、第2部は『記念式典』として行われ、それぞれで在校生による聖歌が歌唱されました。その際、在校生の中から結成された聖歌隊が、迫力のある歌声で、参列者一同を魅了していました。コロナ禍で、ここ数年は聖歌を唱和する機会がなかったため、久々に聖歌を生の声で聞くことが出来、心が温まる式典となりました。  また、来賓の方々からの挨拶があり、創立70年を迎えるにあたってクサヴェラ先生の教えが、沢山のOGやOBに伝わり、多くの方々に支えられて本校が存続できていることを再認識しました。  さらに、本校代表の芳賀翔太君の挨拶の中に、「本校には、旭川藤女子高等学校から、旭川藤星高等学校へとつながる今日までの70年の道のりがあります。先輩方が作りあげてきた良き伝統を、仲間たちとともに支え合い守っていきたいと思います。」との言葉がありました。旭川藤女子高等学校から旭川藤星高等学校...