お知らせ

RSS2.0
 ボランティアサークル・マリアガーデン、冬のメイン活動の一つ「雪あかり」の制作を1月末に行いました。 部員に加え、いつも飛び入りでサポートをしてくれる3年生とこの日のために来校してくれたOGで アイスキャンドルの作製から設置を2日間で行い、玄関前のマリア像を囲むように飾りました。    暗くなってから見るとキャンドルの光が雪の中で温かく灯っていて、「雪あかり」の名の通り幻想的な 光景でした。放課後に写真を撮っている生徒を見かけた時は、制作に携わった一人としてとても嬉しかったです。 3年生最後の活動が素敵なものとなってよかったですとマリアガーデン代表の西方さんが話してくれました。                                             雪あかり撮影:マリアガーデン副代表:3年大場 裕翔
皆様 寒さが身にしみてまいりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。   遅くなりました。 先月11月4日、吹奏楽部の定期演奏会が行われました♬ 部員の子達が「本当に嫌だった、辛かった。」と言われておりましたが、それくらい練習を重ねたのだろうと。 その結果、あの素晴らしい演奏になったのだと思いました。   同窓会よりささやかですが、おやつと飲み物を差し入れさせてもらいました。                                                                                                                          
  10月14日(土)・15日(日)の両日、札幌市の北海商科大学で第67回全道高校弁論大会が行われました。 本校からは3名の生徒が出場しましたが、課題の部で2年生佐藤葵さんが優秀賞(2位)、自由の部で1年生芳賀尋子さんが最優秀賞(1位)を獲得し、両名とも全道弁論専門部より全国大会に推薦され、それぞれの大会への出場が決定しました。   弁論部一同、これからも日々、研究、取材、練習を通して、邁進してまいります!   【課題の部】演題:「しかく」 優秀賞(2位・北海道新聞社杯) 2-1 佐藤葵   ●全国大会  大会名:第68回文部科学大臣杯全国青年弁論大会  期 間:2023年11月11日(土)~12日(日)  場 所:静岡県 静岡市清水区      清水ふれあいホール(清水庁舎議場跡)   【自由の部】 最優秀賞(1位・北海道知事杯・高文連杯・最優秀賞旗)    演題:「〈宝〉をめぐる冒険」 1-6 芳賀尋子    ●全国大会  大会名:第48回全国高等学校総合文化祭      清流の国ぎふ総文祭2024 弁論部門  期 間:2024年7月31日(水)~8月2日(金)  場 所:岐阜県 大野町黒野990番地      大野町総合町民センター   左から、平...
暫くHP更新サボっておりましたこと大変申し訳ありません。 旭川は、10月21日初雪が降ったと天気予報で報じておりました。 皆様のお宅は冬囲い、タイヤ交換等冬への準備はお済みでしょうか。これから寒さに向かいます。皆様健康面に気を付けてお過ごしください。   2023.5.19役員会の為学校を訪れた時の校庭                                                                                                                                                                          2023.7.9旭川藤星高等学校学校祭に同窓会出店。写真はまだ準備中です。この日の旭川は最高気温33°Cでした。お陰様で食品は完売いたしました。皆様ご協力、誠にありがとう御座いました。                                                                                      2023.8.19アートホテル旭川同窓会『藤の朋』第45回懇親会この度の回は、Sr.クサヴェラ・レーメ先生が初代校長となられ、ここ旭川の地に旭川藤女子高等学校を創立され70年という節目、旭川藤星高等学校となり初の同窓会懇親会、そして5年ぶりの同窓会懇親会と、とても意義深い回となりました。        ...
 9月16日(土)に行われた藤星マナベルも、無事終了いたしました。中学生や保護者、藤星生たちを含め約270名の方々が参加した行事となりました。     『藤星の学び』をより深く体感できる企画として、オープンスクールとは異なった授業や講座を展開しました。特に、『生徒が先生』企画では、各コースの生徒が中心となって、国語・数学・英語の授業を展開しました。これは、スタディーキャンプやULキャンプ、受験部など各コースプログラムで培った企画力や運営力で、中学生向けの授業を行う企画です。中学生や藤星生たちも、イキイキとした姿で授業に取り組んでいました。また、「先生が先生」企画でも、真剣に授業に取り組む中学生の皆さんの姿が印象的でした。    その他の企画では、合格体験記では各コースの卒業生が、藤星生だったころの生活と今の学生生活のプレゼンテーションを行いました。さらに、あれこれ講座では先生方や藤星生たちが中学生の疑問に対して疑問に答えるなど、企画が盛り沢山の内容でした。    今後の募集行事では、10月と11月に個別授業見学会、12月16日(土)に藤星突破講座を予定しております。     進学コース「生徒が先生(受験部)」 ...
8月1日(火)~3日(木)にかけて、鹿児島県鹿児島市で「2023かごしま総文祭 弁論部門」が開催されました。 全国から75名の弁士たちが集う中、本校から3年生の室田真夢君が出場し、優秀賞(第3位)を受賞しました。   弁論部顧問の目加田飛鳥先生は、今回の大会を振り返り「全国大会出場の機会をいただけただけでも幸いでしたが、これまで生徒が積み上げた取材と活動、練習の成果をいかんなく発揮し、結果を残すことができました。生徒の達成感、喜びもひとしおです。後輩たちも先輩の姿に続けるよう、弁論部一丸となり、思いを届けていきます」と語ってくれました。   大会名 :第47回全国高等学校総合文化祭(2023かごしま総文祭)弁論部門 兼      第69回文部科学大臣旗全国高等学校弁論大会 演  題:「四〇分の一のマリス(よんじゅうぶんのいちのまりす)」室田真夢(3年生) 結  果:優秀賞(第3位)  
 7月22日(土)に第1回オープンスクールが、開催されました。参加人数は、中学生や保護者を含め約400名近くの方が参加してくださいました。お忙しい中、ありがとうございます。  オープンスクールでは、授業体験や藤星体験、部活動体験など様々な体験がありました。 この体験に参加する中学生の皆さんは、朝のプランナー生徒による藤星プレゼンを元に、藤星生と一緒に一日の計画(Plan)を考え、実行(Do)し、最後に振り返り(See)をしました。藤星が大切にしているPDSを擬似体験するなど、藤星生と中学生との交流が行われました。  なかでも、本校の生徒による工夫を凝らしたコースプレゼンは、各コースの特色をより理解していただけたものと思います。  また、オープンスクール後に本校の女子バスケットボール部の体験会も行われました。本校生徒と中学生とが、練習を一緒に行い、実際に雰囲気を感じとってもらえる良い機会となりました。  8月27日(日)にも、再度同じ内容で第2回オープンスクールと女子バスケットボール部体験会も行います。ぜひ、ご参加お待ちしております!!!    
                                                                                                                                                                                                                            
本校が昨年度、特別に作成した『男子パンフ』がSCC最高賞をインプロバイドの池端宏介さんが受賞されました。このパンフは、男子一期生が残してくれた道筋と、それを受け取った男子二期生、三期生とのコラボで形となったものです。 池端さんは、本校が藤女子高校であったときから、学校パンフレットやポスターなどのデザインをしていただいている方で、藤女子から藤星への過渡期を汲んだ上で、藤星男子の魅力を形にしてくれました。 https://www.advertimes.com/20230609/article422606/   ※ SCC最高賞:札幌コピーライターズクラブが主催する道内の広告作成者や道内で展開する広告を称える「SCC賞」の最高賞のこと。  
5月2日(火)は、午前中に身体測定と生徒総会が行われ、午後に新入生歓迎会が行われました。    今回の新入生歓迎会のコンセプトは、『はじめてのおつかい』。新入生がおつかい(数々のミッション)をこなし、藤星のことを知ってもらう仕掛けが組み込まれていました。中でも、新入生と在校生が班となり、オンライン機材を駆使しながら、お題の先輩を探しにいく企画では、班員たちが協力し、様々な先輩方に話しかけ、お題をクリアーしていきました。その企画によって、『縦と横の繋がり』が出来、新入生たちや在校生たちも、仲を深めていきました。    その他の企画では、在校生による行事紹介や先生紹介、最後には、サプライズで1年生に向けて花の贈呈が行われました。この花には、在校生からのメッセージカードが付いています。    新入生歓迎会は、心温まる会で終わりました。生徒会の皆さん、本当に連日の準備や当日の運営お疲れ様でした!
2023年4月22日(土)14時〜旭川藤星高等学校創立70周年記念式典に列席させていただきました。                                                                                                                                                                                                         ↓ 2023年(令和5年)4月25日(火曜日)の道新朝刊に掲載されました。                              
【同窓会】
今年は雪溶けが早く進みましたが、風は冷たくまだ肌寒い4月2023年度 旭川藤星高等学校の入学式が4月11日(火)に行われました。 今年度は153名の新入生が晴れて本校の一員となりました。どうぞ3年間楽しく充実した高校生活を過ごしていただきたいと思います。ご入学おめでとうございます。                                                                                                                                                                            
4月22日(土)は、本校の創立70周年記念式典を執り行いました。本校生徒や教職員を始め、旭川市長の今津寛介様、藤学園理事長永田淑子様、同窓会会長垂水登紀子様など多くの来賓の方々が参列してくださいました。    式典は、第1部はミサ形式の『みことばの祭儀』を、第2部は『記念式典』として行われ、それぞれで在校生による聖歌が歌唱されました。その際、在校生の中から結成された聖歌隊が、迫力のある歌声で、参列者一同を魅了していました。コロナ禍で、ここ数年は聖歌を唱和する機会がなかったため、久々に聖歌を生の声で聞くことが出来、心が温まる式典となりました。  また、来賓の方々からの挨拶があり、創立70年を迎えるにあたってクサヴェラ先生の教えが、沢山のOGやOBに伝わり、多くの方々に支えられて本校が存続できていることを再認識しました。  さらに、本校代表の芳賀翔太君の挨拶の中に、「本校には、旭川藤女子高等学校から、旭川藤星高等学校へとつながる今日までの70年の道のりがあります。先輩方が作りあげてきた良き伝統を、仲間たちとともに支え合い守っていきたいと思います。」との言葉がありました。旭川藤女子高等学校から旭川藤星高等学校...
以下のページから申込書ファイルをダウンロードしてください。  https://asahikawa-tosei.jp/ordinary/volleyball_2023   必要事項を記入の上、次のメールアドレスまで送信してください なおメールの件名は『学校名 男or女』でお願いします。   送信先 メールアドレス bcs-bb-tmgs0707@asahikawa-tosei.jp
 4月12日(水)から4月17日(月)まで、全学年ともオリエンテーションを実施し、各先生から進路についての話や授業、学校生活の心得などの話がありました。特に、3年生は受験生として、『今やるべきこと』を考え、進路実現に向けてスケジュールを再確認しました。高校生活も終盤を迎えているので、悔いの残らないよう全力で取り組んでほしいと期待しています。  また、各コースでのレクリエーションも行われました。この日のために、各コースの実行委員が企画を練り、打ち合わせを重ね1年生と仲を深めるためにどうしたらよいかを考え、行事の運営にあたりました。特進コースでは、「多数派ゲーム」や「自己紹介ゲーム」、進学コースでは、「イントロクイズ」と「障害物競走」を、ULコースでは、「学校生活にまつわるクイズ」と「伝言リレーゲーム」など、各コースとも2,3年生が積極的に1年生に声をかけ、レクリエーションを盛り上げていました。  さらに、オリエンテーション期間は、部活動や同好会紹介もあり、新入生たちも放課後、部活動体験などに参加をしています。  最後には、オリエンテーションの締めの行事として、1年生は『祈りの集い』を行いました。カトリック...
   4月11日(火)、本校体育館で第71回入学式が挙行されました。箏曲部が歓迎演奏を行う厳かな雰囲気の中で式は始まり、共学化以降最多となる153名の新入生が藤星高校の一員として新たな一歩を踏み出しました。 新入生を代表して、村田涼華さん(名寄東中学校卒)が、「カトリック学校として他にない様々な行事から感動を体感し、心躍る学校生活を送りたいと思います。」と力強く決意を述べていました。 入学式終了後は、各コースに分かれて親子会(生徒、保護者参加)が行われ、コース毎の目的や特徴あるプログラムなどについて共通理解を図りました。 新入生のみなさん、ご家族のみなさま、ご入学おめでとうございます。                              
【同窓会】
2022(令和4)年度 第68回卒業証書授与式に参加させていただきました。                                                                                                          
【同窓会】
2022年度 第68回生 同窓会入会式を無事終了致しました。今年度は114名の卒業生を藤の朋にお迎えできましたことをご報告致します。                                                                             同窓会入会式の後は卒業生祈りの集いが行われました。                                                                                          
 3月3日(金)、「旭川藤星高等学校 第68回卒業証書授与式」が執り行われ、114名の藤星二期生がそれぞれの思いを胸に、厳粛な中にも温かみのある卒業証書授与式に臨みました。 卒業生を代表して 阿部珠華さん がお礼の言葉を述べ、「私は、藤星高校での経験を通して新しい自分を見つけ、自信を持てるようになりました。誰にでも自分の花を咲かせられる場所があることを知りました。(中略)これからも自分と向き合い続け、いつチャンスが来ても恐れず挑戦していきたいと思います。」と力強く抱負を述べてくれました。 卒業生の皆さんのこれから活躍を楽しみにしています。本校教職員一同いつまでも応援しています。           【 旭川藤星高等学校 第68回卒業証書授与式 】                                         【 卒業生代表[お礼の言葉]阿部珠華さん 】