お知らせ

RSS2.0
と き 2024年3月22日(金)13:00開場/13:30開演 ところ 旭川藤星高等学校 講堂   伝統的な日本の音楽は、心と身体を癒してくれます。 また、お琴・尺八の演奏を聴くと、日本の音楽の美しさと深さを再確認することができました。   素晴らしい演奏後、同窓会よりささやかですが飲み物と洋菓子を差し入れさせていただきました。  
と き 2024(令和6)年3月3日(日)10:00~ ところ 旭川藤星高等学校 体育館   近年の卒業式はJRも運休になるほどお天気が大荒れになっていましたが、今年の卒業式は穏やかなお天気で、 コロナが5類になってはじめて来賓の方にもご出席いただいて、校長先生より一人ひとり卒業証書を手渡され、 晴れやかに138名が卒業されてゆきました。   皆さんご卒業おめでとうございます。 保護者の皆様、心よりお祝い申し上げます。                                                                                                                                                                                                            
1 日   時 2024年3月1日(金) 12:50~ 2 卒業生徒数 138名          1組(19名) 2組(19名) 3組(28名)          4組(29名) 5組(23名) 6組(20名) 3 式 次 第 (1)校長ご挨拶         (2)同窓会長挨拶・同窓会役員紹介         (3)同窓会新幹事紹介         (4)入会記念品贈呈         (5)卒業生のお礼の言葉   今年度も同窓会入会式のために、校長先生をはじめ先生方にご尽力いただきましてありがとうございました。 あらためまして第69回生の皆さんご卒業おめでとうございます。 そして同窓会への入会おめでとうございます。   今年度は138名が入会され、新幹事12名のうち、初の男子3名が加入され、これまで以上に力強く活動してゆきたいと思います。     代表幹事挨拶 本日は、同窓会『藤の朋』に入会させていただきありがとうございます。 3月3日、私たち第69回生138名は卒業式を迎え、巣立っていきます。 これからは旭川藤女子高校・旭川藤星高校の伝統を引き継ぎ、卒業生としてその名に恥じないようにがんばりたいと思います。 本日は...
パブリック
【同窓会】
新年あけましておめでとうございます。 謹んで新春をお祝い申し上げます。 旧年中は大変お世話になり誠にありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。   年明け早々、自然災害と大事故で心穏やかではいられませんでした。 被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。   昨年は創立70周年を迎え、同窓会では祝賀会・懇親会を開催。 出席された皆様から楽しかった、藤らしい雰囲気でとてもよかったというお言葉をいただきました。 出席されました皆様、そしてこの会に携わってくださいましたすべての方に、役員・幹事一同感謝申し上げます。   アフターコロナ時代に向けて、皆様による積極的な同窓会への参加を心から希望しております。 今後も皆様の継続的なご支援と参加をお願い申し上げます。                                      同窓会役員一同  
パブリック
【同窓会】
皆様いかがおすごしでいらっしゃいますか。 旭川は大雪で連日雪かきに追われております。 雪国の宿命とはいえ一度に大量の降雪は体に応えます。   12月21日(木)10:00から体育館にてクリスマスお喜びの会が行われました。 今年は、聖劇でマリア様の受胎告知からイエス様の誕生されるまでを再現されました。 静寂の中、聖歌とキャンドルサービスが行われました。   この時期になりますと街中にクリスマスソングが流れ、ツリーや電飾で飾られクリスマス一色になっていますが、本当のクリスマスの意味を今一度考えてみてはいかがでしょうか。                                              
パブリック
3月3日(日)に第69回 卒業式が行われました。 本校は、女子校だった名残もあり、卒業式は桃の節句に合わせて行われています。   昨年までは、新型コロナウイルスの影響を受け卒業生と保護者のみの参列でしたが、 今年からは2年生も一緒に参加し、とても心温まる卒業式となりました。   そして、卒業生138名が、無事に学び舎を巣立っていきました。   卒業生の中には、 自分の目指していた進路に進む人、  自分の目指した進路に惜しくも叶わなかった人、 様々な事情があると思います。   しかし、これからは『自分が決めた進路に向かってどう頑張るか』が大事になってきます。   自分たちが決めた進路に向かって、頑張っていってほしいものです。   教職員一同、応援しております。                                                            
パブリック
 ボランティアサークル・マリアガーデン、冬のメイン活動の一つ「雪あかり」の制作を1月末に行いました。 部員に加え、いつも飛び入りでサポートをしてくれる3年生とこの日のために来校してくれたOGで アイスキャンドルの作製から設置を2日間で行い、玄関前のマリア像を囲むように飾りました。    暗くなってから見るとキャンドルの光が雪の中で温かく灯っていて、「雪あかり」の名の通り幻想的な 光景でした。放課後に写真を撮っている生徒を見かけた時は、制作に携わった一人としてとても嬉しかったです。 3年生最後の活動が素敵なものとなってよかったですとマリアガーデン代表の西方さんが話してくれました。                                             雪あかり撮影:マリアガーデン副代表:3年大場 裕翔
パブリック
【同窓会】
皆様 寒さが身にしみてまいりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。   遅くなりました。 先月11月4日、吹奏楽部の定期演奏会が行われました♬ 部員の子達が「本当に嫌だった、辛かった。」と言われておりましたが、それくらい練習を重ねたのだろうと。 その結果、あの素晴らしい演奏になったのだと思いました。   同窓会よりささやかですが、おやつと飲み物を差し入れさせてもらいました。                                                                                                                          
  10月14日(土)・15日(日)の両日、札幌市の北海商科大学で第67回全道高校弁論大会が行われました。 本校からは3名の生徒が出場しましたが、課題の部で2年生佐藤葵さんが優秀賞(2位)、自由の部で1年生芳賀尋子さんが最優秀賞(1位)を獲得し、両名とも全道弁論専門部より全国大会に推薦され、それぞれの大会への出場が決定しました。   弁論部一同、これからも日々、研究、取材、練習を通して、邁進してまいります!   【課題の部】演題:「しかく」 優秀賞(2位・北海道新聞社杯) 2-1 佐藤葵   ●全国大会  大会名:第68回文部科学大臣杯全国青年弁論大会  期 間:2023年11月11日(土)~12日(日)  場 所:静岡県 静岡市清水区      清水ふれあいホール(清水庁舎議場跡)   【自由の部】 最優秀賞(1位・北海道知事杯・高文連杯・最優秀賞旗)    演題:「〈宝〉をめぐる冒険」 1-6 芳賀尋子    ●全国大会  大会名:第48回全国高等学校総合文化祭      清流の国ぎふ総文祭2024 弁論部門  期 間:2024年7月31日(水)~8月2日(金)  場 所:岐阜県 大野町黒野990番地      大野町総合町民センター   左から、平...